自分でダイレクトメールの印刷をするメリットデメリット

郵送費用や印刷費用等のコストをかけて発送するダイレクトメールは、手紙としてのぬくもりが感じられるように届けたいものです。普通の葉書よりも数倍の情報量を届けられる圧着はがきがダイレクトメールとしてよく活用されますが、手作り感が伝わると、普通の葉書でも、隅々までじっくり読んでもらえるようになります。また、一部でも直筆の個所があると、ぐっと読む人の気持ちを捉えることができます。直筆ではなくても、手書きしたものを印刷したものは、印刷文字の文章よりもはるかに読み手を引きこむ力があります。このように、気持ちと温かみを届けることができるのが自分で作成するダイレクトメールのメリットですが、顧客に応じて複数の原稿を用意することや、圧着はがきや大量のダイレクトメールを作成し発送するには、コストがかかりすぎることが多いです。

メッセージが瞬時に伝わるダイレクトメールの印刷ポイント

開封され目を通してもらえるダイレクトメールにするためには、受け取った側にとってメリットを感じられるものであることが大切です。安いという情報も消費者にとってはメリットですが、サービスのよさも同様に求められています。ですから、ダイレクトメールを印刷するにあたっては、お得な情報で魅力を感じさせられているか、サービスのよさや顧客を大切にしていることを伝えるメッセージになっているかが、ポイントになります。サービスをアピールするダイレクトメールであれば、情報量は多すぎる必要はなく、サービスポイントが伝わる構成にすることがポイントになります。ダイレクトメール作成用のテンプレートが無料で利用できるサイトも多数あるので、ねらうポイントが行かされているデザインを上手に取り入れて、効果的なサービスアピールにつなげましょう。

コストを抑えられるダイレクトメールの印刷方法

封書のダイレクトメールは、たくさんの情報を届けることができますが、はがきに比べコストがかかります。コストをできるだけ抑えて、情報を盛り込むためには、圧着はがきタイプのダイレクトメールにするのもよいです。圧着はがきは、接着されているはがきの角から開くと、見開きページが2ページや3ページに広がるものです。印字用紙や接着の方法によって、郵送代は異なってきますが、規定内に収められれば、一般はがきと同じの料金で発送ができます。圧着はがきは市販されている用紙に、自作することができますが、接着して仕上げる段階ではラミネーターやメールシーラーという機械が必要になります。用紙の厚みや光沢によって、接着方法が異なってくるので、その時々でダイレクトメールの用紙タイプを変えたい場合には、印刷業者に依頼するのもよいです。