トップ >> 求人の媒体の選び方について

求人をきめるための情報

求人の方法っていろいろあるよね

電車に乗っていると最近よく見かけるのは就職サイトの広告である。この不景気のおりに、職を探す人は五万といるからであろう。では、求人の媒体といえば何が思いつくであろうか。私が一番に思いつくのは雑誌形態のものである。実際学生時代に私もそういう雑誌の求人を見て応募をし、アルバイトをした。さらに他の種類と考えてみると、就職サイトと呼ばれるWEBサイト、人材紹介会社、さらに公的機関のハローワークがあげられるであろう。実際私が使ったことがあるのはハローワーク以外である。就職の際には、就職サイトを通じて応募をし、転職の時には、人材紹介会社を利用した。このように一口に求人と言っても、目的に応じて媒体を変えているものかもしれない。

どの方法がいいか迷います

では、それぞれの媒体の長所を、応募者の視点から考えてみたいと思う。まず、雑誌媒体についてはインターネットが使えない人でも気軽に応募ができるということがあげられる。続いてWEBサイトはというと、転職サイトからそのまま会社のHPに飛べ、アクセスできることがあげられる。求人側とメールでやりとりができる場合も長所と言えるであろう。三番目に人材派遣会社である。こちらは、自分の条件にあった求人を厳選してくれ、さらに面接のノウハウを教えてくれたりもするだろう。それぞれ長所はあるだろうがやはり一番は自分にあったものを選ぶというのがいいのであろう。