安く気軽にダイレクトメールを印刷するにはポイントがあった

ダイレクトメールを送る時に少しでも安く印刷を済ませる事でコスト削減をする事ができるのですが、どのようなポイントがあるのかをご紹介します。印刷にはオンデマンド印刷とオフセット印刷があります。オンデマンド印刷はパソコンデータをそのまま印刷をするもので、オフセット印刷は版を作成して印刷をするのが主流です。1,000通から3,000通を印刷するとした場合、この2種類の印刷方法であれば、データをそのままプリントするオンデマンド印刷の方が低価格で済む事が多いです。10,000通以上の大量の印刷が必要となった時は、版を作成し印刷をするオフセット印刷の方が低価格となります。発送したいダイレクトメールの数などを考慮して、依頼したい印刷会社に問い合わせをしてみる事をオススメします。

ダイレクトメールを印刷する時の印刷方法の特徴とは

ダイレクトメールを印刷する時の印刷方法として、オンデマンド印刷方法とオフセット印刷方法があり、それぞれ通数により価格差が出てくる事はご説明しましたが、印刷内容ではどのような違いがあるのかをご紹介します。オンデマンド印刷ではデータ入稿が可能な為、印刷完了の工程までが早くスムーズに行う事ができます。一方でオフセット印刷には版が必要となり、作成する時間やコストがかかり、修正をする度に版の修正も必要となる為短時間で済ませたい場合には不向きです。印刷の仕上がり具合では、オフセット印刷の方が美しい仕上がりとなります。オンデマンド印刷も印刷の技術も向上しており、現在主流になりつつあるのがオンデマンド印刷です。仕上がり具合が同等くらいであるのであれば、印刷の種類を選ぶのは印刷部数によって選択するのがオススメです。

ダイレクトメールを印刷する時に印刷以外で注意するポイントとは

ダイレクトメールを印刷する時、印刷内容ばかり気になってしまいますが、紙質もとても大切です。一般的に使用されるのがコート紙もしくはマットコート紙や上質紙です。紙の種類によって印刷のにじみ方や発色具合に違いが出ますので、仕上がりイメージなどに拘る場合は印刷会社に相談してみてください。他にも、折り加工や艶加工などができる所もあります。印刷を依頼する会社もメリット、デメリットがあるのでご紹介します。デザイン会社の場合、入稿時での専門的な作業の代行をしてもらえますが、中間マージンが発生し印刷費が高くなります。ネット印刷の場合、費用を抑える事はできますが、入稿時に専門的知識が必要となります。印刷会社の場合、営業の方と交渉や相談ができますが、ネット印刷よりも費用は高額となります。発送会社の場合、印刷から発送までを担当してくれるので時短と発送費の削減になりますが、印刷方法などが限定される事があります。