今ダイレクトメールを印刷するのに効果的な内容とは

ダイレクトメールいう言葉をよく耳にすることはあってもなかなか知らない、まだ活用したことないかも知れません。ダイレクトメールとは、個人や法人宛てに商品の案内やカタログを郵便やメール便で直接送ることです。そうすることによって、リピート率の向上も目的とし、特定の顧客に対して直接訴求できるのが強みでもあります。やり方次第では、結果が大きく変わります。何通も送っても1通の戻りがあるか、10通の戻りがあるかはインパクト次第です。いかに制作したダイレクトメールが客の目を引けるか、読んでもらえるかはデザインや加工方法で左右します。はがきタイプがいいのか、封筒型がいいのかなど興味を持ってもらえる形にこだわること。さらに印刷体制にも力を入れ、低コストで費用対効果が高く出来るようにすることが重要です。

ダイレクトメールのメリット・デメリットを知り、コスパの高い対応

ダイレクトメールを送付するには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まずメリットは、情報を発信することで購買意欲が増加。視覚に訴えることで、実際のイメージが湧きやすいです。カタログや小冊子などを送付することで商品案内が簡単に出来ます。反対にデメリットは、開封されずにゴミ箱に捨てられることがあります。封筒であれば、印刷などの訴求が弱いと開封もされないケースが多いです。あらかじめに住所や氏名などの個人情報を知らなければいけません。企画から発送まで時間がかかるなど、このようなことを理解しながら、顧客に対して情報の発信が重要になります。誕生日には、誕生月専用のクーポンを付けたりし、来店頻度の向上にも役立ちます。いかにお客様が必要としている情報を分かりやすく発信するのかが大切です。

色々なダイレクトメールの種類と近代型のダイレクトメール

色々なダイレクトメールが存在します。そこでどのような種類があるのでしょうか。まずは、はがきです。官製はがきに印刷することで送付可能なダイレクトメールや、圧着式のダイレクトメールがあります。圧着式にすることで、情報量を増やすことも可能になり、開封する顧客のみに訴求することも出来ます。郵送費のコストを抑えることも出来ます。次に、封筒です。たくさんの情報を伝えて、お試しキットなどを送付出来るので訴求力は高いです。しかし、開封されずに捨てられることもあるので、開封したくなるような試みが必要。最後に、通販などで1回以上購入された人に向け、リピートを狙うインターネットのメールを使ったダイレクトメールもあります。そのメールにアクセスするだけで、購入ページが開くとすぐに購入が可能です。メール開封時に購入に辿り着くような仕組みになっていて、近代ではインターネットが身近な訴求ツールとなっています。