パソコンが苦手な方でもダイレクトメールを印刷する方法

パソコンが苦手な方でもダイレクトメールを印刷する方法ということで,一番簡単な方法は、DM印刷会社に依頼することです。ダイレクトメールの印刷のデータと宛名のデータを用意するだけで、あとは全部お任せできます。DM印刷会社を探す方法は、インターネットで複数のDM発送代行会社を無料で一括査定してくれるサイトがあります。DM発送予定部数や地域を入力すると一括で無料見積もりをしてくれるので、求めているサービスや金額にちょうどいい会社を簡単に探すことができます。この方法でしたら、DM発送代行会社がDMの作成から発送まですべて代行してくれますので、パソコンが苦手な方でも確実にダイレクトメールを印刷する方法を見つけることができます。一括検索サイトは全国110社以上の掲載会社がありますのでそれぞれの会社の得意不得意を見極めるツールとしては大変便利です。

DMの送り先をからDMの作成、発送に至るまで

ダイレクトメールを送るためには、「どういった企業にアプローチしたいのか」によって用意すべきリストが変わります。地域や業種を絞ってDMを発送したり、企業の規模を絞った上でDMを発送、新規設立の企業のみにDMを発送など、ターゲットに合わせて最適なリストを作り出す必要があります。DMを一括代行会社に印刷依頼する場合、そういった細かな部分が依頼主の求めているサービスにあっているのか、見積もりを取る時点で知っておくとより効果的にDMを打つことができます。DMの作成はご自分のアイディアを伝えるだけでプロがデザインしてくれるので、依頼主はDMのサイズや形状を決めるだけですべてはお任せできるようなサービス内容です。形状とは、各種サイズの普通DMか圧着DM、封筒の大きさや透明ビニール封筒、チラシやリーフレット、カタログなどといったDM商品の種類です。

パソコンが苦手なら、すべてDMのプロにお任せ

真っ白な状態からデザインを完成させるまでにはいくつもの段階が必要になります。依頼内容によってはかなり大がかかりのものになります。デザイン制作の段階では必要であれば熟練のライターによる取材を受けて、ダイレクトメール向けのキャッチコピーや文章の提案を受けます。写真が必要であればカメラマンを使ってイメージ写真を写真撮影したりもします。これらデザインをフルでお願いすると初期費用の相場は大体10万円から20万円ほどかかります。カメラマンを使って写真撮影や特殊加工をしてデザイン制作まで行うと初期費用が30万円から50万円ほどかかります。それに引き換え、依頼主が自分でデザインの素材を持ち込んで校正、制作のみの依頼なら初期費用は、はがきサイズなら片面15000円くらいでデザイン制作は出来上がります。一括代行会社なら制作にかかる費用や、DMを印刷する際に役立つ節約情報なども教えてくれます。