イヤカフは重くないから様々なシーンで利用ができる

イヤカフ

オシャレを楽しむ人に欠かせないアイテムといえばアクセサリーですが、耳元を華やかにする物といえば、イヤリングやピアスだけではなく、最近はイヤカフも選ばれています。ピアスはピアスホールを空けなければいけないため、恐怖感のある人や事情があって穴を空けられない人もいるでしょう。イヤリング派の人は、もっと大ぶりの物を付けたいと思ったときにイヤカフを検討してみてください。イヤカフは、耳の形のライン上に沿って挟むことにより着用できるアクセサリーです。例えばピアスは、大きい物や重たい物は耳たぶへの負担がありますが、イヤカフは軟骨部分に引っ掛けて付けることができるため、フィット感があります。イヤカフと一言で言っても種類は様々なので、デザインや着用方法が異なりますが、耳元のオシャレの選択肢が広がることは間違いないでしょう。

種類が豊富なイヤカフで自分に合った物を見つける方法

女子会、デート、結婚式への出席等、その時々によってオシャレも変わってくると思いますが、市販されているイヤカフはデザインもサイズも豊富なので、自分に合う物を見つけましょう。例として、シンプルな物を選ぶ場合はリング型が良いでしょう。耳の上部、下部の付ける位置によって印象が変わります。また、重ね付けに向いているのもリング型の良さです。耳のライン上に沿ってパールやビジューをちりばめることが出来るのは、クリップ型の特徴です。花や羽など、大ぶりの物で存在感を出したい場合にはフック型が良いでしょう。こちらは耳に引っ掛けるだけなので、挟むのは痛いから苦手という方にもお勧めです。この他にも、耳元で揺れるのが可愛らしいチェーン型やロングタイプの物があります。形の違う物を組み合わせることで、ピアスやイヤリングでは出来なかった楽しみ方が可能になります。

初心者でも簡単なイヤカフ着用の楽しみ方

先に述べた通り、ピアスホールを空けることなく、耳への負担が少ないイヤカフですが、反対に取れやすく、他の場所が痛いのでは?と不安になる人もいるでしょう。そのようなトラブルが発生する原因は、たいてい付けるべき位置がずれているか、サイズが合っていないかです。着用する際には、耳の内側の軟骨にきちんと引っ掛けることが出来ているかを意識しましょう。耳たぶを挟むイヤリングに比べて痛みは少ないですが、長時間付けているとやはり痛みが出るものです。その際には位置を変えるか、耳と接する部分にカバーが付いている物を選ぶようにしましょう。また、フック型の物は比較的柔らかく出来ているので、耳の形に合わせて多少の調整が可能です。工夫次第ではオシャレの幅が広がるので、新しい選択肢としてイヤカフを試してみてください。