イヤカフは無くしづらい理由を説明します

イヤカフ

イヤカフは正しく付けることが出来れば簡単に外れることが無いものとされていますので、イヤリングのように無くして悲しい思いをすることがありません。付け方がきちんとしていれば、まず耳が痛くなることが無くなります。イヤカフを付けると耳が痛くなると感じている方は正しい位置に付けることが出来ていないのです。痛くならない位置に付けることが出来ればそこが正しい位置になりますので自然と無くすことが無くなります。付けていることも忘れてしまうようになるはずです。しかし、注意しておくことがあります。付けていることを忘れてシャンプーをしてしまい手が当たってしてしまい落すことがありますので、排水溝に流してしまうことに注意しましょう。シャンプー前には他のアクセサリーと同じ様に外したか確認すことが大切です。

イヤカフの付ける位置で変わります。

イヤカフを耳たぶに近い位置に付けるとイヤリングのように見せる事も可能ですし、イヤカフのデザインや種類よってはピアスのように見せる事が出来ます。一つのアイテムで様々な用途に見せることできますのでオシャレに関心のある方にはお勧めのアイテムだと思います。可愛いものの多いピアスを付けてみたいけど穴を開けるのは躊躇している方にお勧めです。イヤカフのデザインをピアス風にすれば穴を開けずに楽しむことができます。また、すでにピアスを使用している方は2個目として並べて付けるやり方やイヤカフとしての付け方をしていろいろとオシャレに楽しむことが出来ます。自分がどう見せたいかを考えて付ける事も楽しむことの一つだと思います。他の人と違うアレンジをしてみるのもいいのではないかと思います。

イヤカフにもいろんな種類があります。

イヤカフには、種類があります。よく見かけるタイプはリングタイプです。他のアクセサリーと重ね付けもするこができます。初めでイヤカフに挑戦するのならこのタイプを選ぶようにするといいと思います。あまり大げさにならずおしゃれに決めることが出来るからです。三角形タイプはシャープな印象を演出してくれます。イヤカフ一つでおしゃれの上級者に見せる事ができます。引っ掛けるタイプは、インパクトが大きいのでパーティーなどの時に花やパールを耳の後ろから見せると華やかで人目を引くことが出来ると思います。片耳にだけ付けるようにすればますますドラマチックな感じになると思います。他の人と被らないことを考えている方にはこのタイプのイヤカフがお勧めです。様々なタイプに挑戦してみるのもいいと思います。