イヤカフはイヤリングと違って痛くなりません

イヤカフ

アクセサリーは主に女性が多く身につけます。その種類は豊富で、髪飾りからピアス、ネックレス、指輪など、数え上げたらきりがないくらいにあります。また、飾りの種類も多くあり、天然石を使った物やシルバーやプラチナなどを使った物など、価格帯も大きな幅があります。そういったアクセサリーを身につけるのには、自分を着飾りたいという事の他に、気分やモチベーションを上げるというメリットもあります。自分の気に入っている物を身につける事により、精神的に向上するものです。女性が綺麗に着飾るのには、多くの理由があるのです。今回はその中でもピアスやイヤリング、イヤカフについてお話していきたいと思います。ピアスの穴が開いている人は、どれくらいいるでしょうか。可愛いピアスですが、デメリットもみてみましょう。

ピアスとイヤリングの違いについて

イヤカフと違ってピアスは穴をあけなくてはいけません。楽しむためには、病院やサロン、またはセルフでその施術をしなければいけないという事になります。ピアスをあけてからおよそ一か月間は、ピアスの穴を消毒する必要もあります。それを過ぎてからも、ある程度年数が経つまではピアスをしないで放置していると、折角あけた穴が塞がってきてしまいます。可愛くておしゃれなピアスをつける為には、そういったデメリットを覚悟しなくてはなりません。そこで、穴をあける必要の無いイヤリングというものがあります。これは耳たぶを挟む事によって穴を開けずに装着するというものになります。一見ピアスよりも気軽につけられるように思われますが、挟んだ耳たぶが痛くなる事もあり、ピアスにはよくあるとても小さなデザインは少なくなります。

ピアスなどとは違うイヤカフ紹介

イヤカフは、ピアスの様に穴を開ける必要がありません。かといって、イヤリングの様に耳たぶを挟む事もしません。装着位置が、まず違います。よって、耳たぶにつけたい人には向いていませんが、そこにこだわらなければ手軽なアクセサリーです。つける位置は、耳たぶ以外です。耳の形をよく見てみましょう。軟骨などがあり、ひっかかりがありますよね。こういった部分に引っ掛けて使うアクセサリーになります。大きさも種類も数多くありますので、ご紹介していきます。リング型や三角型はわりと小さなものが多くあります。フック型は耳にかけるだけなので簡単です。チェーン型はリング型やピアスが組み合わさって出来ていて、おしゃれ度が増します。クリップの様に挟む物もあります。いずれも簡単に装着できる反面、落ちやすいデメリットがありますので、注意しておしゃれを楽しんでください。