ダイレクトメールを印刷するには様々な方法があります

企業や団体などから届くダイレクトメールにはいくつか種類があります。インターネットを使ってのダイレクトメールは、手軽に大勢の人達に対して送ることができる一方で、開封率が低いといったデメリットがあります。もうひとつの方法は、ハガキや郵便物を郵送してダイレクトメールを送るものです。メールに比べると多少費用はかかりますが、相手が目を通す可能性が高く、その内容の書かれ方によっては、反響が高くなることも期待できます。では、どのようにしてダイレクトメールをハガキや郵送物に印刷すれば、効果的になるのでしょうか。単にデザイン性が高いだけでは、効果が得られない場合もあります。そんな、ダイレクトメールの反響を上げるためにはどのように印刷すればいいのか、効果的な方法やポイントについて紹介します。

ダイレクトメールの効果的な印刷方法について

ダイレクトメールを効果的に印刷する方法に、はがきサイズにこだわらず、A4サイズで印刷する方法があります。普通のはがきサイズよりもコストは多少かかりますが、届いた際に、ひと際興味を持ってもらえる可能性が高まります。また、サイズが大きくなることで情報量も増やすことができますし、文字サイズも大きくすることにより見やすくなるといった効果もあります。封書と違ってそのまま見てもらうことができるのでおすすめです。また、はがきサイズでも、紙の質を高級にしてみたり、箔押しをしたりすることで、特に女性の場合にインパクトを受けやすくするのも良いでしょう。少しでも高級感が出ると捨てにくくなってしまう効果も期待できます。また、送る人の特徴や過去の購入情報を元に、最適な情報を印刷する方法も最近ではよく見られます。

効果を上げるダイレクトメールの作成方法

印刷方法だけでなくダイレクトメールの内容も重要です。例えば、ダイレクトメールに何かしらのサンプルや、クーポンを同封して、在中していることをアピールすると開封率が上がります。封筒の中に入れるとなると見てもらえるか不安といった場合には、圧着はがきの間に挟むといった加工も可能です。また、紙も印刷がきれいに仕上がるコート紙や、文字を中心にしたデザインの場合は上質紙などを選択するといった方法もあります。印刷の場合は、大量のダイレクトメールを素早く作成することができますが、手書きの一言を添えると丁寧かつ送る人への好印象につながり、反響も大きくなるので、上手く活用すると良いでしょう。また、飛び出す絵本のような演出もできるダイレクトメールも作れるので、予算と相談しながら検討してみるのも良いかもしれません。